北海道にもある熟女専門出会いサイト

今日は、出会い系サイトで割と親しんでいるという十代から三十代まで幅広い女性に聞き取りを行いました。
集まってくれたのは、夫だけでは満足できないA、三股をかけているB(ギャル風)キャバクラ嬢をしているD、それと、女子大生のE。銀座にある反射療法のサロンで受付を担当しているC、
なぜ1人だけ十代かというと、三十代女性に絞って五人迎えたかったもののドタキャンによって、予定変更して駅の前で「出会い系サイトに関するインタビューのために、少々時間を取らせてほしい」と数十人の女性にトライして、いきなりのキャッチにも快くOKしてくれた、十代のEさんも五人に取材を敢行しました。
最初に、筆者を押さえてしゃべりだしたのは、今3人と並行して付き合っているBさん。
三十代のギャルB「出会い系サイトについては、「みなさんはなんでログインするんですか?私は援助目的で今は三人から援助してもらってます」
愉快そうにとんでもないことを言うBさんに、他の4人も躊躇しつつ自分の経験を明かし始めました。
A(既婚者)「私については、単純に、不倫がしたくて始めたんですよ。友達が知ったらどうかと思われることでも出会い系で男と会うのは止められないです。」
B「一度使うと習慣化しちゃいますよね」
筆者「お金が欲しくて出会い系サイトに登録する女の人が多いってことですか?
B「じゃなきゃやらないですよね」
そのときナイトワーカーのDさんが涼しい顔で、男性的には非常に厳しい現実を語りました。

旭川で成功した出会い相手募集サイト

出会い系サイトに関して、アカウントを持っている人は一体何がなっているのか。
クエスチョンの答えを求めて今日は、ネットを活用して質問する人の募集をかけて、都内にある喫茶店で取材を行いました。
集まってもらったのは、定期的に出会い系サイトにアクセスするか、といった感覚の男女五人。
男性から紹介すると、会社勤めのA、子ども・離婚歴アリのB、新人ホストC、女性の参加者は、警備の仕事をしているD、グラドルデビューしたEの2人です。
インタビュー前に、筆者はメンバーに、質問表に記入してもらい、その結果から、話を広げる形で取材を行いました。
筆者「最初に、質問用紙に、これまで出会い系サイトを介してメッセージのやり取りをした男性が、二十人以上もいるというEさんに質問なんですが、どうやって大勢の異性と交流を始めたんですか?
E(グラドル経験が浅い)「わたしのやり方で、毎日違う人と話したくなるんです」
筆者「別の相手って言いますが、毎回違う男性と会うものなんでしょうか?」
E「一回で十分っていうか。それと、別にいい人見つけた方がいいなって思ったら、メアドも消してしまう。それでも来ることあるけど、出会い系サイトだからどんどん会えばいいんだしって思って同じ相手はいいかなって」
常識にとらわれないEさんに、「そんなに会えるものなんだ」と動揺するCさんとDさん。
2人目にAさんがインパクトのある話を筆者に話してくれました。